ホームページの作り方の種類

ホームページの作り方初級編

自分のオリジナルのウェブページとなる、ホームページの作り方は、さまざまな方法があります。まず一つ目の方法として、ブログを利用した方法があります。ブログもホームページの一部といえますし、この方法がウェブページを作るのにおいて一番簡単な方法です。キーボード操作で日本語を入力することができるなら誰でも作ることができます。ブログサービスに登録して、テンプレートを利用して、記事を書けばオリジナルのウェブページが出来上がります。ブログなので日記を記事にするのが一般的ですが、自分の趣味についてや考えを記事にするなど、ブログでも様々な視点の文章をネット上に掲載できます。

ホームページの作り方中級編

ブログを使わずにウェブページを作る方法として、無料のホームページスペースを登録したり、自分で独自ドメインを所得して有料のレンタルサーバーと契約したりしてアドレスを所得する方法があります。こちらの方法はブログのようなテンプレートがないので自分で一からウェブページのレイアウトやデザインなどを作る必要があります。この方法では、ウェブページ制作ソフトを利用すると便利です。制作ソフトを用いると、レイアウト等がテンプレートとして選べたり、文字を大きくしたり装飾したりなどが簡単にできます。文章作成ソフトウェアやプレゼンテーション作成ソフトウェアなどを作るような感覚でウェブページがつくれます。

ホームページの作り方上級編

そして、専門知識が必要な方法として、HTML言語を使用してウェブページを作る方法があります。HTML言語で書いた文章をHTMLファイルで保存してウェブページを作るのですが、コンピュータを覚えたての人がいきなりこちらの方法を使うのはおすすめできません。HTML言語を勉強してから作る必要がありますが、この方法をマスターすると、テキストエディタからウェブページを作ることが可能です。HTML言語が完璧でなくても少し知識を覚えられた場合、先程紹介したウェブページ制作ソフトで作ったページを少し編集したいときにテキストエディタで編集するという方法も見えてきます。

ホームページビルダーは非常に使いやすく、初心者にも簡単にプロ並のホームページ作成できるソフトです。企業で使用される事も多く価格も2万円ほどです。お試し版もありますので、実際に作成、確認ができます。