インターネットのセキュリティと風評被害対策

ウイルス対策では対応できない誹謗中傷

インターネットのセキュリティ対策と言えばウイルス対策が注目されることが多いのですが、これだけではインターネット上で書き込まれる誹謗中傷に対応することはできません。特に、会社や個人に対する悪い噂に対しては人間は興味を持ちやすく、インターネット上には日常生活ほどの規制は無いため、拡散も非常に早いのが特徴で、時にこのような噂は、個人であれば深い心の傷を残し、会社であれば大きな損害を及ぼすこともあります。このため、最近ではセキュリティの一つとして、風評被害対策が注目されています。

増加する風評被害の特徴

個人に対する風評被害として近年増加しているのがブログの炎上です。もちろん公開されているブログの記事に対して閲覧者が批判するのは自由なのですが、一度炎上してしまうと、全く本人に見に覚えの無い内容で批判されたり、危害を加える書き込みがされることもあり、この場合、風評被害対策が有効です。個人に対する主な対策としては、書き込みの削除依頼や刑事告訴があり、書き込みの削除に応じない場合、損害賠償の請求が可能な場合もあります。

削除依頼の流れと現状

風評被害対策としては、まずは書き込みがされている掲示板の運営者やサーバ管理者に対して削除依頼を行う必要があります。ただし、すでに損害賠償請求や刑事告訴まで検討している場合は証拠保全を行う必要があり、掲示板の名称やURL、書き込まれた日時や画像などを証拠として確保する必要があります。企業の場合も同様の手順で削除することは可能ですが、個人の削除依頼に対しては、表現の自由などの観点から対応が厳しいのが現状です。どうしても難しい場合、風評被害対策の専門家か、弁護士に相談するようにしましょう。

インターネットが普及し、簡単に書き込みが出来てしまう世の中です。その中で気になるのが誹謗中傷も簡単に書き込み出来てしまうことです。そんな誹謗中傷対策として、監視し消去してくれる会社も増えています。