トロフィーをもらう時の選び方

もらったら嬉しいトロフィーは

トロフィーをもらう機会ですが、ゴルフコンペなどのスポーツ大会、音楽や美術などの芸術関連の賞でトロフィーが授与されます。ゴルフボールが描かれていたり、音符が入っていたりとデザインに特徴が見られます。トロフィーは試合に勝った時、何かの大会で優勝した時などに、成績が上位でなければもらえません。受け取ることができるのは、「優勝・準優勝・第三位」ぐらいまでです。メダルで言えば、「金メダル・銀メダル・銅メダル」あたりになるでしょう。

トロフィーの種類はさまざま

一口にトロフィーと言っても、いろんな材質とデザインがあります。一般的に、優勝者が受け取るのはゴールドのトロフィー、準優勝だとシルバー、三位でブロンズです。なかには、透き通ったクリスタルタイプのものもあります。大きさも、巨大なものから片手で持てるものまでサイズが異なっています。あまりサイズが大きいと、自宅に持ち帰ったときに置き場所に困るかもしれません。優秀な人ともなれば、トロフィーを保存しておく専用ケースがあるようです。

思い出に残るデザイン

トロフィーをもらう時の選び方は、後になって見返したときに、思い出に残るようなデザインのものでしょう。既製品ではなく、オリジナルのトロフィーを受け取る時もあります。凝ったデザインのトロフィーをもらうと嬉しいものです。トロフィーには、文字も刻まれていますが、書体もいろんなものがあります。細部まで凝ったものだと、より記憶に残るのではないでしょうか。家のリビングなどに飾っておくことができて、一生の記念になります。

トロフィーは、スポーツや文化・芸術などの試合、競技会の優勝者の栄誉を称えるために与えられるものです。その起源は、古代ギリシア・ローマ時代の戦利品や戦利品飾りなどの戦勝記念標だと言われている。